岡山県小田郡矢掛町の外科・内科・胃腸科・ひふ科・乳腺外科

医師紹介

  • HOME »
  • 医師紹介

院長:筒井 保太

医学博士
日本医師会認定産業医
ご挨拶

 1985年(昭和60年)に私の生まれ育った町、矢掛町小田で筒井医院を開設し、1989年(平成元年)より医療法人筒井医院となりました。
 関西医大を卒業後、岡山大学第一外科にて消化器外科を研修し、医学博士を授与されたのち郷里での開業を夢見たのです。
 消化器外科が専門といえども小さな町ではあらゆる患者さんが来院されることを想定し、外科、内科、皮膚科、小児科、眼科、耳鼻科、救急などあらゆる患者さんに対応できるよう研修してきました。
 専門性と地域医療を二つの柱と位置づけ日々の診療を行っています。
外科医の少ないこの地域では外傷や熱傷の患者さんが多く来院されます。特に皮膚科には重点を置いております。皮膚癌の初期診断や巻き爪の矯正、そしてシミなどの美容皮膚科の相談にものっています。
 地域医療としては、あらゆる内科の患者さんが来院されるため、倉敷・福山などの総合病院と連携を密にし、インターネットを活用して患者さんの便宜性を考慮した診療を心がけております。
 また、往診や在宅診療、介護保険にも対応しており、在宅支援診療所として登録されております。
 2016年度より待望の医師二人体制となったため今後さらに患者さんに寄り添った医療を心がけてまいります。

経歴

昭和50年 関西医科大学 医学部 卒業
昭和50年 岡山大学旧第一外科
岡山大学病院、岡山済生会病院、井原市民病院
昭和60年 医学博士
昭和60年 筒井医院 開院

 

副院長:筒井 理仁

日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医/指導医/消化器がん外科治療認定医
検診マンモグラフィ読影認定医(A評価)
日本医師会認定産業医
生命科学博士*1

*1 「生命科学博士」とは何かと質問を受けることがありますが、「医学博士」と同等です。博士取得時の大学院編成上、名称が異なっています。

ご挨拶

 15年間、外科医として高齢者中心の市中病院から最先端の治療を行う大学病院、そして海外での研究生活と、医師として人間として様々な経験を積んで地元の小田に戻って参りました。
 多くの時間を過ごした大学病院では、消化器外科・乳腺甲状腺外科を専門とする教室で、診断だけでなく最先端の治療(手術)・外来でのフォローアップまで一貫して行ってきました。一方で、やけど・床ずれ・怪我のような一般的な治療も得意で、最新の治療を行います。気軽に相談できるかかりつけ医として、健康管理から専門的ながん術後の診療まで、今までの経験・知識を地元に還元していきます。

経歴

平成13年 山口大学医学部 卒業
平成13年 山口大学医学部附属病院 消化器・腫瘍外科学
平成14年 小倉記念病院 外科 (福岡県)
平成17年 周防大島町立東和病院 外科 (山口県)
平成18年 山口大学医学部附属病院 集中治療部
平成19年 山口大学医学部附属病院 消化器・腫瘍外科学
平成23年 山口大学大学院 応用生命科学系専攻 卒業
平成24年 Duke University (アメリカ合衆国)
平成27年 山口大学医学部附属病院 消化器・腫瘍外科学
平成28年 筒井医院

所属学会

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本乳癌学会

PAGETOP
Copyright © 医療法人 筒井医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.