新型コロナウイルス抗体検査(感染歴/ワクチン後 自費)

筒井医院では過去の感染を調べる目的とワクチン接種後の免疫反応(抗体が産生されているか)をみる目的で、以下の2種類の抗体検査が可能です。
いずれも自費の血液検査で、結果は3-5日かかります。

  • 検査の種類
標的
タンパク
感染歴ワクチン
効果
料金
ロシュN¥4000
アボットS¥4500
ロシュ:Elecsys Anti-SARS-CoV-2、アボット:SARS-CoV-2 IgG II Quant
N:ヌクレオカプシド、S:スパイク
  • 申し込み方法
    下記「新型コロナ抗体検査申込書」をクリックして入力してください。
    検査希望日前日までに入力いただければ事前の連絡は不要です。
    当日に検査希望の場合は申込書入力後、診察時間内にお電話をください。
    0866-82-3113
    診療時間 月火水金 8:30-12:00, 16:00-18:30 木土8:30-12:00
  • 検査の受け方
    申し込みの時間に来院し、受付で抗体検査を受ける旨を伝えてください。
    採血を行います。
  • 結果
    結果がでるまで3-5日間
    お電話していただくか来院していただき結果をお伝えします。

抗体検査の目的と現時点での限界

過去に新型コロナにかかったか知りたい
どの検査を選択すれば良いですか?
  • コロナワクチン未接種:ロシュ、アボットいずれも可
  • コロナワクチン接種済:ロシュ

現時点での限界

  • 過去の感染を見る目的としての抗体検査は確立されたものとなってきています。
  • 新型コロナウイルスに感染後、どれくらいの期間抗体が残存するかはまだ研究段階にあります。
ワクチンの効果を知りたい
どの検査を選択すれば良いですか?
  • アボット
    2回目接種後の2週間から1ヶ月後に検査を受けるのが良さそうです。

*アボットの検査では過去の感染とワクチンで産生された抗体の区別はできないため、過去の感染が気になる方はロシュとアボット両方の抗体検査を行うことをお勧めします。

現時点での限界

  • スパイク蛋白質を標的としたmRNAワクチン(ファイザー/モデルナ)接種後に免疫反応が起こり、スパイク蛋白質に対するIgG抗体が産生されたこと(seroconversion)を確認できます。
  • mRNAワクチンでは液性免疫と細胞性免疫の両方が獲得できると考えられています。
    IgGは液性免疫の一つであり、IgGがワクチンによる効果の全てではありません。
  • 抗体が産生されたことの意義(期待できる効果)については研究段階にあり、その解釈は慎重に行う必要があります。抗体があっても従来通りの感染対策を行うことが推奨されます。
    FDA(アメリカ食品医薬品局)は間違った解釈を行なった人が感染を広げることを危惧し、現時点ではワクチン後の抗体検査を勧めてはいません。
    https://www.fda.gov/medical-devices/safety-communications/antibody-testing-not-currently-recommended-assess-immunity-after-covid-19-vaccination-fda-safety
検査の参考資料
  • ワクチン1回接種後14日の中央値は約1000 AU/ml、2回接種後7日の中央値は約22000 AU/ml
    https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.05.21.21257575v1
  • 当院での結果
    対象:当院職員
    方法:
    ファイザー社ワクチン(コミナティ)を3週間隔で2回接種
    2回目接種後14日後、1ヶ月後にアボット:SARS-CoV-2 IgG II QuantでIgGを測定
    (追加で3ヶ月後、6ヶ月後を予定)
    結果:
    2回目接種後14日 中央値 19,000 AU/ml (8,584 – 24,000 AU/ml)
    2回目接種後1ヶ月 中央値 12,500 AU/ml (5,066 – 19,000 AU/ml)



    当院での検査結果についてのお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いします。