新型コロナウイルス感染症PCR検査(唾液・自費・条件あり)

新型コロナウイルス感染症PCR検査(唾液・自費)を開始します。
以下の注意事項などご一読いただき、お電話でご予約ください。
PCR検査をご検討中の企業の方からのご相談も受け付けております。
筒井医院は、経済産業省のTeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)登録医療機関です。


「PCR検査陰性」でも「新型コロナウイルスに感染していない」ことは証明できないことを予めご了承ください。


対象:無症状で社会的理由のために検査をされる方

  1. 流行地から帰ってきたため、検査をしたい
  2. 就業でPCR検査結果を求められる
  3. 渡航のために検査が必要

費用:25,000円(診断書は別途3,000円、検査結果のみを印刷したものは無料)
 所要日数:1-2日間
 検査方法:自家用車の中またはご自宅で、専用容器に唾液を2ml採取
提出方法:駐車場で受け取り(郵送不可)
 結果:来院または電話
申込方法:①検査希望日の前日午前中までに、診察時間内に電話で予約
                    電話:0866-82-3113
月火水金8:30-12:00, 16:00-18:30。木土8:30-12:00。日祝日休診。      ②電話予約後、下記リンク同意書に記入
                     同意書

 必要なもの:身分証明書(免許証・保険証など住所と名前がわかるもの)、海外渡航される方はパスポート


 以下の条件に当てはまる方は、新型コロナウイルス受診相談センターにご連絡ください。

  1. 過去2週間に新型コロナウイルス感染症を発症した人と濃厚接触した人
  2. 以下の症状のある人
    発熱・咳・息苦しさ・さむけ・体のだるさ・筋肉痛・頭痛・のどの痛み・おうと・下痢・味やにおいの変化がある人

 

PCR検査で何が分かりますか。

PCR検査では、新型コロナウイルスが現在体内に存在しているか(ウイルスの生死は問わない)どうかを知ることができます。
 感染していてもPCR検査で陽性にならないこともあるため、「PCRで陰性」でも新型コロナウイルスに感染していない」ことを証明することはできないことを予めご了承ください。
例:ウイルス量がまだ少ない場合、後日再検査すると陽性になる

診断書は発行してもらえますか。

英語・日本語での診断書を1通につき3,000円で発行いたします。
「PCR検査陰性」の診断書となり、「新型コロナウイルスに感染していない」という内容で診断書の作成はできません。
海外渡航にPCR検査が必要な方は、外務省ホームページで渡航条件などあらかじめご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

検査の結果「陽性」となった場合、どうなりますか?

PCR検査の結果が陽性であった場合、自費検査であっても当院から保健所へ届け出る義務があります。保健所からの連絡・指示に従って頂くようになります。